主婦の育児と節約・お得情報・資産運用のブログ

地方の都市に住むサラリーマンの夫を持つ専業主婦です。育児、節約、お得情報、将来のための資産を増やすことについてつぶやいていきます。皆さんのお役に立ち、情報交換が出来たらと思います。

マイナンバーカードでポイントゲット

マイナポイント事業

マイナンバーカードでポイント還元が受けられる、マイナポイント事業というものがあります。

これは、なかなか普及が進まないマイナンバーカードを普及させるために、国がやっている事業です。

先日、わが家もようやくマイナンバーカードを作りました。

せっかく、国がマイナンバーカードを作った人の優遇制度ができたので、使えるものは使いたいということで、マイナポイントについて調べてみました。

マイナポイントのもらい方

マイナポイントとは

マイナポイントとは、マイナンバーカードを持っている人が、キャッシュレス決済のチャージをしたり、キャッシュレス決済をしたときにもらえるポイントです。

期間は2020年9月から2021年3月までの予定です。

ポイントの還元率は25%で、最大5,000ポイントです。

つまり、キャッシュレスの20,000円分をチャージするかキャッシュレス購入で、5,000ポイント分がもらえることになります。

マイナポイントをもらう4つのステップ

マイナンバーカードを作る

マイナンバーカードを持っている人に対しての優遇政策ですので、マイナンバーカードを持っていない人は、マイナンバーカードを作る必要があります。(すでに持っている人は、必要ありません。)

マイキーIDを設定する

マイキーIDとは、マイナンバーカードを持っている人に発行されるもので、スマートフォン(Andoroid、iPhone)やパソコンで設定できます。

パソコンで設定するときは、ICカードリーダが必要になりますので、スマートフォンで設定した方が簡単でいいと思います。

マイナポイントを申し込む

自分が使いたい(ポイント還元して欲しい)キャッシュレス決済を1つ選んで、申し込みをします。

自分がよく使うキャッシュレス決済を選ぶのが間違いないと思います。

選んだキャッシュレス決済でチャージorお買い物をする

選んだキャッシュレス決済にチャージをしたり、お買い物をします。

マイナポイントの申し込みが終わって入れば、ポイントが自動的にもらえます。

※ 今、できるのは、マイナンバーカードを作ることとマイキーIDの設定までです。(2020年3月27日現在)

家族(子ども)の分はどうなる?

15歳未満の子どもでも、親が申請することでマイナンバーカードを作ることができすので、子どもの分のマイナポイントももらうことができます。

わが家は娘のマイナンバーカードも作っていますが、マイナIDの設定は、誰もやったことないので、

娘は0歳ですが、現実に0歳児がキャッシュレス決済を使うことはないので、キャッシュレス決済を選ぶときにどうしたらいいのか、親と同じキャッシュレス決済でいいのか等、分からないことも多いので、これからの情報にも注意しましょう。

これについては、実際に娘の分の手続きをしてみたら、また記事にしたいと思います。

f:id:suuchan-mama:20200327161908j:plain

マイナンバーカードを作りましょう

別に国のまわし者じゃありませんが、まだマイナンバーカードを持っていない人は、まずはマイナンバーカードを作りましょう。

今でもマイナポイントがもらえる期間が近くなると、マイナンバーカードを作る人が増えて時間がかかるかもしれませので、作るなら早めがいいと思います。

マイナンバーカードのメリット

 身分証明書になる

公的な本人確認書類になります。特に、運転免許証を持っていない人は、顔写真付きの本人確認書類として使い勝手がいいと思います。

コンビニで住民票などが発行できる

役所の窓口が開いていない時間でも、コンビニのマルチコピー機で住民票や印鑑証明書を発行することができます。

マイナポータルを利用できる

マイナンバーカードを持っている人がログインできるマイナポータルでは、行政機関からのお知らせの受け取りや子育てサービスの検索、申請の手続きができます。

これからはさらに便利に

引っ越しのときの転出・転入手続きがオンラインでできるようになったり、死亡や相続についてもオンラインで手続きができるようになるそうです。

また、マイナンバーカードが健康保険証の代わりになるそうで、今までの健康保険証が顔写真がなかったことを考えると、顔写真で本人確認ができるのも安心です。

まとめ

世間では、マイナンバーカードを普及させるための政策として、ポイント還元という方法はどうかという意見もあるみたいです。

キャッシュレス決済を使っている人じゃないと、ポイント還元を受けることもできませんしね。

日本は、外国に比べて、キャッシュレス決済も全然浸透してないという話も聞きますので、キャッシュレス決済も一緒に普及させようという考えもあるのかもしれませんね。

なんにせよ、マイナンバーカードも、いずれは取得しなければいけなくなるでしょう。

せっかく、国がマイナンバーカードでポイント還元という事業をやってくれているので、利用できるものは利用しましょう!(^^)!

まだ、ポイント還元の時期は先なので、実際にポイント還元を申請したら、また記事にしたいと思います。