主婦の育児と節約・お得情報・資産運用のブログ

地方の都市に住むサラリーマンの夫を持つ専業主婦です。育児、節約、お得情報、将来のための資産を増やすことについてつぶやいていきます。皆さんのお役に立ち、情報交換が出来たらと思います。

『あけ移し』を手作り(室内遊び)

親子教室でやっていた遊びです

今はコロナウイルスの影響でお休みになっていますが、娘を通わせている『ベビーパーク』という親子教室で、小さなぽんぽんのような柔らかいボールを、赤ちゃんにつまませて製氷皿に入れる、逆に製氷皿に入っているボールをつまんで外に出すといった遊び(レッスン)がありました。

これは、赤ちゃんに小さいものを指でつまむトレーニング、そしてつまんだものを離すトレーニングです。

特に赤ちゃんにとっては、このつまんだものを離すという動きが難しいのですが、この動きを繰り返させることで、脳や感覚が刺激され、成長につながっていくそうです。

名前がよく分からなかったので

外出自粛のこの時期だから、家の中でこの遊びを娘にやらせてみようと思いましたが、そもそも、この製氷皿にボールをつまんで移す遊びの名前が分からなかったので、グーグル先生に「製氷皿」「ボール」「移す」で検索してみたら、丸いボールの氷を作る製氷皿が出てきました(笑)

f:id:suuchan-mama:20200509220416j:plain

ウイスキーをオシャレに飲むための氷を作ってくれる、こんなやつです(笑)

これはこれで、お酒が美味しく飲めそうで魅力的でしたが、これでは娘が遊べません(^^;

そこで、キーワードに「知育」を追加して検索したら、『あけ移し』という名前で小さなボールをいろんな器に移す知育玩具が出てきました。

多分、この『あけ移し』がこの遊びのネーミングなんだろうということで、わが家でも『あけ移し』と呼んでいます。

インターネットで見たら、この『あけ移し』を自分で作っている人も多くて、参考になりました。

そして、やはりモンテッソーリで用いられている教育手法でした! 

市販されている『あけ移し』セット

市販されているセットを見ると、小さなトングがついています。

これでボールをつまんで、器に移したり、器から出したりして使うみたいです。

トングの代わりにスプーンですくって移すものをありました。

娘はまだ0歳ですのでトングなどの道具はいりませんが、もう少し大きくなったら使ってみようと思っています。

わが家の『あけ移し』

わが家には、ちょうど使っていない製氷皿があったので、それにボールの代わりにペットボトルのキャップを使いました。

なんとゼロ円です(笑)

ちょっと見た目はよくないかもしれませんが、娘は気にせずに遊んでくれています。

さすがに、トングでペットボトルのキャップはつかみにくいと思うので、トングを使うようになったら、小さなボールを買って、『あけ移し』をグレードアップさせようと思っています。

f:id:suuchan-mama:20200512233648j:plain

まとめ

『あけ移し』は、娘を通わせている「ベビーパーク」だけじゃなく、いろんな幼児教室のレッスンで導入されているみたいです。

本家本元はモンテッソーリかもしれませんが、いろいろな幼児教育の場で行われているということは、赤ちゃんの知育に効果が高いという証拠だと思います。

この『あけ移し』は、家にあるもので手軽にできますし、お金もかからず子どもの成長を見ることができるので、非常におすすめです。

コロナウイルスの影響でなかなか外に出られませんので、これからも室内での過ごし方を考えていきたいと思います。

 

販売されている『あけ移し』セットのリンクを貼っておきますので、自分で作るときの参考にしてください。


 


 

 

親子教室のベビーパークは無料で教室の体験することもできます!

わが家も最初は無料体験しました。 

親子教室BabyPark[体験申込]

 

こんな記事も書いてます。同じく「ベビーパーク」 でやっていた『コイン落とし』と『100玉そろばん』の記事です。

 

 

www.suu-mama.com

www.suu-mama.com